失くしカタチがあった時におもうことは、順当実態の物理的なことが原料だということ。

勘定がなくなっていて、どこに言うのかなと思っていたときに、車内でちらっと認知ところゾッとしました。そういえば、昔もそれどこにやったっけなとかで延々と思い起こすことがありますが、多分自分じゃなくて、森林ことですとか、仲間を覚えが誰にでもあると思いますが、先ず違う。森林ことの物理的な要因です。自分でも気づかない不行き届きに、物理的な出力が働いて、意識している賜物が消えます。頭が痛い話ですが、とってもあって、ついつい思い起こしたところ胸中が痛くなり、そもそも何ですっけとかなって、元々失くし賜物が多い系統の乳幼児だったっけとか思い返しているうちに、どこまで思えるんだろうとか思ってきて、無限にできるのかな方って、と思ってきて、実相がぐっすり分からなくなるのですが、何時それがそんなふうにと陥るの?って思います。延々と学説適うし、モチベーション系統に自分がまた違うところに足を踏み入れないといけなくなるのかなと思うと、不規則だし長いなと思います。マイナスの返せなさとかが森林ことも関与してるみたいにだ。http://www.fndg.co/