かつて浴衣を一から作ってみたときのケース。

自宅に頂きものの反物があったこともあり、自分で一から浴衣を縫ってみることにしました。それまで裁縫チャレンジはたまたま、それでも少々身に付けて置きたかったのでちょうどいいかな、と見なし挑戦することにしました。企業で必要なものを揃えて、和裁の図書も買いました。
最初のイメージは、ただ切って正確に縫えばいいんじゃないかという度合いでした。ところがやってみると思い切り細かい採寸やパワーが必要で、全く素人としては障壁のおっきい事だと一気にわかりました。買った和裁の図書はわずか素人には難しい度合で、細かいところが分かりにくくてとてもエネルギーをしました。書斎で他の図書も参考にしたものの、友人若干縫いほうが違うのでなるべく持ち合わせる図書の手立てにあわせました。
一月ほどかかってやっと完成させたときは非常に嬉しかったです。それでも「もう少しここを付け足したかった」というコンポーネントが多いので、いずれ全額やり直してみたいです。いぶきの実 体験談